これを知って理想のマイホームを手に入れよう!分譲住宅のあれこれを教えます!

当サイトは分譲住宅のあれこれをご紹介しています。
これらの情報を知っていれば理想のマイホームを手に入れるのに役立つ可能性があります。
完成物件の内覧で購入を判断できるのも分譲の住宅のメリットです。
その際に具体的にどこをチェックすべきかも、このサイトで解説しています。
また住宅の販売価格を左右するオプションや、追加費用の範囲の十分なチェックの大切さに関しても解説しています。
納得の価格で購入するためにも知っておきたい内容です。

これを知って理想のマイホームを手に入れよう!分譲住宅のあれこれを教えます!

分譲住宅の購入が初めてなので、分からないことがあれこれあるという人もいるのではないでしょうか。
分譲住宅を購入する時にはまず物件探しから始め、見学をして決めます。
分譲住宅の購入前には申込証拠金を支払い住宅ローンの申し込みもします。
売買契約が締結されたら、ローンの本申し込みをし残りの金額の決済をしたのちに入居となる流れです。
分譲住宅を購入するときには、費用の内訳をよく確認するほか第三者検査を実施するのがおすすめです。

分譲住宅にはメリットがいっぱい!でも注意点やデメリットも知っておくことが大事!

分譲住宅はある意味で人生の一大イベントというか、大きな達成感が得られる節目かもしれません。
確かにメリットが大きいのは間違いありませんが、分譲住宅には注意点やデメリットもありますので知っておくことが大事です。
最も大きいのはお金というかローンの問題でしょう。
ローンは借金であり、一日にして数千万円の借金を背負った状態になります。
お金を借りることは決して悪ではありませんが、借りた以上は返済が求められるという縛りを受けることには注意が必要なのは言うまでもありません。
賃貸であればライフスタイルその他の理由によって住み替えることも比較的自由にできますが、分譲住宅を購入してしまえばそうやすやすと住み替えるというわけにはいきません。
購入した直後に転勤が決まってお父さんはあえなく単身赴任というのは、現実の世界でもそれほど珍しいわけではないのです。
もちろん維持や管理も含めて自己責任になることも忘れてはいけません。

実は同じ!?分譲住宅と建売住宅との違いとは?

分譲住宅と建売住宅は同じ意味で使われるケースが多いですが、異なる点もあります。
分譲地に建てられている住宅は分譲住宅と呼ばれ、土地に番号が付いている状態で販売されます。
住宅と土地がセットになって販売される建売住宅は、住宅を土地に建ててから売るケースが多いです。
美しい街並みを形成している分譲住宅は、住宅も土地も一緒に買えます。
建売の場合は、すでに建っている住宅が個別に販売されるのが特徴です。
分譲と同じく建物と土地を併せて売りますが、まとめて販売されない点が異なります。
土地と建物をセットで購入できるので、すぐに住みたい人には向いています。
無駄なコストを減らせる分譲の建物は、予算を抑えて家を買いたい人に向きます。
新築でも注文住宅より安い価格で購入でき、事前に家の中を確認できます。
個別販売の建売は、周囲との家と違うデザインの受託を買えます。
住みたい家を見つけたら、入居までの手続きを円滑に進められます。

分譲住宅を販売する会社にはどんなタイプがある?

念願のマイホームを手に入れる場合でも、注文住宅と分譲住宅の2種類がありますが、もし分譲住宅を手に入れるならばどのような会社が販売しているかを理解しておく必要があるかもしれません。
会社の種類を大きく開けて、ハウスメーカーと工務店の2種類があります。
ただこのうち、販売している所はどちらかと言えばハウスメーカーに近いでしょう。
住宅建築をしてくれるところがあり、そのようなところは通常出来上がったものを建築する傾向にあります。
ハウスメーカーが請け負っているケースが多く、特に大規模なところはデベロッパーと言われるところが請け負っている可能性があります。
デベロッパーが行うのは都市開発でもありますので、わざわざ住宅一つのために動く事はありません。
それよりも、大きな区画整理などをした後、そこにたくさんの建物を建築する場合や合わせてマンションや公園を建築する場合関わってくるのが特徴です。
後は、個別の建築業者や下請けに任せられます。

完成した物件を販売するだけではない!分譲住宅の販売方法を知っておこう!

分譲住宅と注文住宅で迷う人もいますが、もしこだわりがないならば分譲住宅の方が良いかもしれません。
では、これを手に入れる場合どのようにしたら良いでしょうか。
一般的に分譲住宅は、すでに建築されている状態のものがほとんどです。
そのため、完成された住宅を見学して、その住宅を手にするかどうか決めることになるでしょう。
しかし、必ずしも建築し終わった建物だけではないことを理解しておくことが必要になります。
具体的にどのような意味かと言えば、まだ建築途中のものも存在すると言うことです。
あと1ヵ月後に仕上がるけども、あらかじめ早い段階で広告などを出している場合や、たまたま近所に住宅が建築されている場合などは、まだ建築途中のものを見るかもしれません。
このような場合、それを手にすることも可能です。
ただし、販売方法によっては完全に出来上がった後に販売する可能性もありますので、建築中のものは見えない可能性も高いです。
会社によって違いがあるため、その点はよく理解しておかなければいけません。

著者:川合博

筆者プロフィール

北海道北見市生まれ。
安心して暮らせる住まいを見つけるために、分譲住宅のメリットや注意点について勉強中です。
分譲住宅の販売会社